ホーム  〉  トピックス 〉 2014年度琵琶湖における県の政策と総合湿原保全の歴史:独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

2014年度琵琶湖における県の政策と総合湿原保全の歴史:独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

イラン・ギラン州に位置するアンザリ湿原はラムサール湿地に登録されていますが、近年、環境悪化に直面しています。イランおよび日本は、同湿地の適切な管理を推進するため、JICAのプロジェクトとして、イラン国アンザリ湿原環境管理プロジェクト・フェーズⅡを立ち上げたところです。この5年間にわたるプロジェクトの一環として、今回、ナジャフィ州知事を団長とする一行が8月2日から5日にかけて琵琶湖および周辺地域を視察され、ILECは県内視察の手配を担当しました。
(参加者:イラン5名)