国際湖沼流域管理推進事業

ILBM インド国内ワークショップ & ハートウェア国際専門家会議 (インド・オリッサ州)

平成25年3月4日から7日にインド・オリッサ州において、ILECはチリカ開発公社(CDA)と第一回目のILBMインド国内ワークショップを共催いたしました。インド全国およびアジア、そしてアフリカから集まった専門家等が一同に会し、湖沼流域管理の課題とその解決に向けたILBMアプローチの可能性等についてhttps://www.ilec.or.jp/?p=1222&preview=true意見交換を行いました。最終日にはラムサール湿地にも指定されているチリカ湖へのフィールドトリップを開催し、生物多様性豊かな渡り鳥の観測所や湿地帯等を視察いたしました。本ワークショップの模様は、インドの主力ILBMフォーカルポイントの一つでもあるSERIニュースレター2013年3月号にも掲載されました。引き続き、3月8日と9日の二日間にわたりインド・オリッサ州のチリカ湖畔にてILBMハートウェア国際専門家会議を開催いたしました。前日まで開催されていたインドILBM国内ワークショップに引き続き、ネパール、バングラデッシュ、フィリピン、ケニヤ、日本、そしてインドから出席した専門家が各国の湖沼流域管理の事例をハートウェアの観点から紹介いたしました。またILECからも科学委員や職員が参加し、最新のILBMプロジェクトについて発表いたしました。