第18回世界湖沼会議2021年11月9日~11日参加登録料無料参加登録受付中!

公益財団法人国際湖沼環境委員会(ILEC : アイレック)は、

世界の湖沼の持続可能な管理と保全を目指し、次の3つの活動を柱に取り組んでいます。

国際湖沼流域管理推進活動

世界の湖沼保全基盤事業

世界湖沼会議の開催支援

湖沼流域管理等研修事業

  • お知らせ
  • 世界湖沼会議情報WLC
  • ニュースレター
    • 第18回世界湖沼会議 参加登録料無料化のお知らせ(9月28日更新)

      第18回世界湖沼会議の参加登録料が無料化されました!
      湖沼環境保全をとおして、SDGsに貢献するこの国際会議にぜひご参加ください。
      発表の有無を問わず参加登録は必須になります。 (公式サイトの申し込み様式などが変更されていますが、既にご登録頂いている方は、再登録の必要はありません。)

      聴講者等の参加登録方法につきましては、添付ファイルをご参考にしてください。

      一般参加者登録方法

       

      詳しい情報はWLC18公式ウェブサイト(www.worldlakeconference.ugto.mx/en/)または、ILECのウェブサイト (https://www.ilec.or.jp/)をご覧ください。

      PDF(8月23日更新)

    • 第18回世界湖沼会議 案内書発行

      第18回世界湖沼会議 案内書発行

       第18回世界湖沼会議の案内書が発行されました。暫定スケジュールや分科会のテーマ、参加登録の方法などの情報が掲載されていますので、ぜひご一読下さい。

      WLC18案内書(日本語)   WLC18-Announcement

    • 第18回世界湖沼会議 アブストラクト提出期限再々延長のお知らせ(9月17日まで)

       第18回世界湖沼会議のアブストラクト提出期限が2021年9月17日に再度延長されました。発表用資料は10月18日までに指定の方法でご提出ください。

      プレゼンテーション資料の様式などについては下記リンクからご確認下さい。

      www.worldlakeconference.ugto.mx/en/index.php/template

      PDF(8月23日更新)

    • 第18回世界湖沼会議 アブストラクト提出期限延長のお知らせ(8月23日更新)

      第18回世界湖沼会議のアブストラクト提出期限が2021年9月6日 → 17日に再延長されました。
      たくさんのご応募をお待ちしております!

      詳しい情報はWLC18公式ウェブサイト(www.worldlakeconference.ugto.mx/en/)または、ILECのウェブサイト (https://www.ilec.or.jp/)をご覧ください。

      PDF(8月23日更新)

    • 第18回世界湖沼会議 アブストラクト提出期限延長のお知らせ(8月23日更新)

      第18回世界湖沼会議のアブストラクト提出期限が2021年8月2日9月17日に延長されました。
      分科会・ポスター発表をご検討頂いている方々のさらなるご応募をお待ちしております!

      詳しい情報はWLC18公式ウェブサイト(www.worldlakeconference.ugto.mx/en/)または、ILECのウェブサイト (https://www.ilec.or.jp/)をご覧ください。

      PDF(8月23日更新)

    • 第18回世界湖沼会議 オンライン開催のお知らせ

      第18回世界湖沼会議 オンライン開催のお知らせ

       第18回世界湖沼会議(WLC18)は当初、2020年11月にメキシコで開催予定でしたが、新型コロナウィルスの世界的流行を鑑み、1年の延期となっていました。現在も、感染収束状況が不透明なことから、この度参加者の安全を優先し、2021年11月9日から11日までオンラインでの開催を決定しました。

       世界湖沼会議は、研究者・行政担当官・NGOや市民等が一堂に集まり、世界の湖沼やその流域で起こっている多種多様な環境問題の解決に向けた意見交換の場となる国際会議です。本会議では、オンラインによるテクニカルセッションやポスター発表で研究成果を発表したり、基調講演に参加して世界中の研究者と交流することができます。テクニカルセッションは、事前に収録された講演と、チャットによるライブでの質疑応答を予定しています。ポスター発表においても、短い紹介ビデオが配信可能であり、視聴者との質疑応答も可能です。

       今回初めての取組となるオンライン開催ですが、現地に行かずにお気軽に参加できる機会となりますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。

       またコロナ禍におきまして、参加者の皆さまの安全を確保するために、会議の構成変更を余儀なくされましたことをお詫び申し上げます。

      PDF(8月23日更新)

       

      登録受付期間

      2021年5月3日(月)~11月7日(日)

       

      【発表を希望される方】

       

      アブストラクト受付開始:   2021年4月12日(月)

      アブストラクト提出期限:   2021年8月2日  ➡ 9月17日(金)に変更

                     メキシコ時間24時(日本時間9月7日(火)14時)

      アブストラクト選考結果通知: 2021年8月9日(月)までに通知  ➡ 9月24日(金)に変更

      フルペーパー提出期間:          2021年8月1日(日)~9月30日(木)

                           メキシコ時間24時(日本時間10月1日(金)14時)

       

      プログラム、登録、論文提出の手順などの情報はWLC18公式ウェブサイト(http://www.worldlakeconference.ugto.mx/en/) にて随時更新されます。また、ILECのウェブサイト(https://www.ilec.or.jp/)からもお知らせいたします。

       

    • WLC18オンラインプレ会議のお知らせ

      WLC18オンラインプレ会議のお知らせ

       ILECとグアナファト大学との共催で、2020年11月にメキシコ・グアナファトで開催を予定されておりました、第18回世界湖沼会議(WLC18)は、COVID-19の世界的流行を鑑みて1年の開催延期となりました。

       その開催一年前イベントとして、WLC18組織委員会により、2020年11月9日にオンラインでのプレ会議が開催されます。プレ会議は湖沼の持続可能性に焦点を当て、また、世界中からの参加者の時差を考慮した2時間半ずつの2部構成となっております。各セッションが基調講演とそれに基づくパネル討論で構成され、一般参加者はパネリストや基調講演者に質問を送る事も可能です。(英語・スペイン語のみ)

       第一部の基調講演者は、ILECの科学委員でもある、ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学のサンドラ・アゼヴェド教授、第二部は創価大学の佐藤伸二郎教授です。また、ILEC科学委員からは、第一部に委員長のWalter Rast教授、委員のアレハンドロ・フアレス氏が、第二部には理事長の中村正久教授と、前科学委員のフアン・スキナー氏がそれぞれパネリストとしてご登壇されます。

       ご興味のある方はぜひご登録ください。

       イベントプログラム、講演者、参加登録方法などの詳細は下記リンクのWLC18のウェブサイトからご確認下さい。 

      WLC18オフィシャルサイト:http://www.worldlakeconference.ugto.mx/en/

      イベントプログラム:http://www.worldlakeconference.ugto.mx/en/index.php/virtual/pre-conference-virtual-event-program

       

      【イベントスケジュール】

      • 第一部 (日本時間)   11月10日(火)AM 1:00 - 3:30

      (メキシコ中央時間)     11月 9 日(月)AM 10:00 -12:30

       

      • 第二部 (日本時間)   11月10日(火)AM 10:00 -12:30

      (メキシコ中央時間)       11月  9日(月)PM  7:00 – 9:30

       

    • オンラインイベント(国際ウェビナー)のお知らせ-本イベントは終了しました。

      オンラインイベント(国際ウェビナー)のお知らせ-本イベントは終了しました。

      10月27日(火)、日本時間午後5時から8時にUNEPとILECによるオンラインイベント(国際ウェビナー)「Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda」が開催されます。

      ILECは、UNEPの支援を受け、「湖沼などの静水を世界の水をめぐる取組の主要な課題と位置づける必要性」についての声明草案を作成しています。今回のウェビナーでは、そのフォローアップとして、アジア・アフリカ各国より専門家をお招きして、湖沼管理に関する自国の政策やプログラム概要、また、それらの実施において学んだ経験や教訓等をお話しいただき、ディスカッションを行います。統合的水資源管理(IWRM)や統合的河川流域管理(IRBM)などに代表される、国の水資源および河川流域管理計画内に採用された統合的湖沼流域管理(ILBM)フレームワークのプレゼンテーションも行われます。

      ILECの科学委員もパネリストとして出演しますので、ぜひご参加ください。

      なお、本ウェビナーは、英語のみ(字幕なし)の実施となります。

      日  時: 10月27日(火)日本時間午後5時から8時
      無料登録: https://zoom.us/webinar/register/WN_WGgJrbDlRKWnseMbdToiww
      お問合せ: webinar(at)ilec.or.jp ※(at)を@に置き換えてご送信願います。

    • 目田川 秋の環境学習会 参加者募集

      目田川 秋の環境学習会 参加者募集

       秋の目田川のほとりで自然に親しみながら、楽しく環境について学んでみませんか。
       ILECでは近畿労働金庫および認定NPO法人びわこ豊穣の郷と連携して、小学生以上の親子を対象とした「秋の環境学習会」を実施します。
       琵琶湖の環境やマイクロプラスチック問題についての学習の他、大麦ストローづくりや焼き芋パーティといったお楽しみもご用意していますので、ご家族・ご友人をお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

       

      日 時:令和2年11月7日(土) 10:00~12:30(受付9:30~)
      ※小雨決行(行事の有無は前日正午以降に「認定NPO法人びわこ豊穣の郷」のホームページに掲載されます)

      集 合:守山市立図書館(多目的室)

      参加費:無料 申 込:メールまたはFAXにてお申込みください。

      メール:houjyounosato(at)lake-biwa.net  ※送信時には(at)を@に置き換えてください

      FAX:077-558-5007

    • 第18回世界湖沼会議の開催延期のお知らせ

       2020年11月9日から14日の日程で、メキシコ・グアナファトで開催を予定されておりました第18回世界湖沼会議(WLC18)の開催延期が決定いたしました。

       新型コロナウィルスの世界的流行を考慮し、参加者の健康と安全を優先して慎重に検討した結果、WLC18組織委員会は当会議の当初予定通りの開催は難しいとの判断を下しました。新しい会議の予定日は2021年11月頃になります。具体的な日程は後日お知らせいたします。

       既に提出済みのアブストラクトにつきましては、そのまま有効とさせて頂きます。また、特別セッション及びワークショップの申し込み・アブストラクト提出の期限は2021年5月31日まで延長いたします。さらに、2020年11月9日(中央メキシコ時間)にバーチャル会議イベントが予定されており、詳細については後日ご案内いたします。

       今日、湖沼が直面している脅威は世界中で増加し続けており、人間の健康や経済活動に不可欠な幅広い生態系サービスと、それらの持続可能な利用に深刻な影響を与えています。そして今回の延期は、私達にとって、この新しい時代に待ち受けている緊急の科学的及び管理上の課題を追及するための不可欠な機会とみなす事ができます。地球規模で直面している現在の困難な状況を乗り越えていく上で、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

      今後の情報更新はWLC18公式サイト(http://www.worldlakeconference.ugto.mx/en/) 

      または、ILECウェブサイト (https://www.ilec.or.jp/

      より随時更新いたしますのでご確認下さい。

  • 一覧を見る

新着活動記事

  • 研修事業
    2021年度課題別研修「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」: 独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

    2021年度課題別研修「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」: 独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

     2021年9月6日~9月24日に「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」Part1を開発途上国の技術系行政官を対象に実施いたしました。アルメニア(1名)、バングラデシュ(1名)、ボツワナ(1名)、キューバ(1名)、マレーシア(3名)、ザンビア(1名)から計8名が参加しました。また、本年度は過去に研修に参加した帰国研修員2名を含む、6名のオブザーバーも参加しました。

  • 研修事業
    「琵琶湖モデル」をニカラグアへ

    「琵琶湖モデル」をニカラグアへ

     7月30日、8月6日および8月13日の3日間、これまで滋賀県が取り組んできた水環境保全の取組等「琵琶湖モデル」について、滋賀県の委託を受け、JICAニカラグア事務所と連携し、新型コロナウイルス禍の下、オンラインによるセミナーを開催しました。本セミナーには、ニカラグア政府関係者、大学、企業関係者など35以上の機関から90名の参加がありました。  初日と2日目は現地時間に合わせて、中村正久ILEC

  • トピックス
    令和3年度も近畿労働金庫様よりご寄附をいただきました!

    令和3年度も近畿労働金庫様よりご寄附をいただきました!

     令和3年6月10日、ILECは近畿労働金庫様より社会貢献預金(笑顔プラス)の配当228,493円のご寄附をいただきました。ILECの活動趣旨をご理解いただき、ご寄附を賜りましたこと、心より厚くお礼申し上げます。  ご厚志は、世界湖沼会議の開催支援に活用させていただきます。

  • トピックス
    令和3年度も関西みらい銀行様よりご寄附をいただきました!

    令和3年度も関西みらい銀行様よりご寄附をいただきました!

     令和3年6月4日、ILECは 関西みらい銀行様より50万円のご寄附をいただきました。ILECの活動趣旨をご理解いただき、ご寄附を賜りましたこと、心より厚くお礼申し上げます。  ご厚志は、世界湖沼会議の開催支援に活用させていただきます。

  • 研修事業
    2020年度課題別研修「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」: 独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

    2020年度課題別研修「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」: 独立行政法人国際協力機構(JICA)受託事業

    2021年1月25日~2月12日に「水資源の持続可能な利用と保全のための統合的湖沼・河川・沿岸流域管理」を開発途上国の技術系行政官を対象に実施いたしました。(アルバニア(1名)、バングラデッシュ(2名)、ボツワナ(2名)、ネパール(1名:オブザーバー参加):計6名) 本年度は新型コロナ感染症の世界的な拡がりにより、オンラインの同時双方向講義とオンデマンド講義を組み合わせた遠隔研修を実施しました。

  • 研修事業
    2020年度インドネシア湖沼水質保全研修を実施

    2020年度インドネシア湖沼水質保全研修を実施

    2021年1月18日から22日まで、一般社団法人海外環境協力センター様、いであ株式会社様と共同で環境省から委託を受け、インドネシア国政府・自治体職員向けの湖沼保全研修を実施しました。 14名が参加した昨年度の来日研修とは異なり、693名が全土から参加する大規模なリモート研修となりました。 この研修では、日本国環境省とインドネシア国環境林業省が第17回世界湖沼会議(茨城県)を機に、環境協力に関し

  • 国際ウェビナー
    国際ウェビナーの概要

    国際ウェビナーの概要

    2020年10月27日に国連環境計画(UNEP)と共同で開催した国際ウェビナー「Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda」の概要を公開します。 Report Summary Each Speaker  Speaker Country / Organization (Video) Pre

  • トピックス
    「目田川秋の環境学習会」を実施しました。

    「目田川秋の環境学習会」を実施しました。

     ILECと近畿労働金庫は、2020年11月7日、認定NPO法人びわこ豊穣の郷の協力のもと、楽しみながら学べる「目田川秋の環境学習会」を実施しました。この日、小雨が降る中、28名の親子が守山市立図書館に集まり、琵琶湖の湖底ゴミの問題やプラスチックゴミ問題の話を聞いた後、麦の茎から作るエコ・ストロー作りや、デコシール・カラーペンを使って作成するストローケース作りを行いました。最後に雨上がりの目田川沿

  • その他の会議・会合
    ILEC-UNEP国際ウェビナーを開催しました。

    ILEC-UNEP国際ウェビナーを開催しました。

    ILECは国連環境計画(UNEP)と共催で、2020年10月27日に“Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda(世界の水問題における湖沼の主流化)”と題したオンライン会議を開催し、27か国から130名以上の参加登録をいただきました。 主にアジアとアフリカから、湖沼流域の管理・保全の専門家9名をお招きし、各国より湖沼や水問題に関する国家戦略やプロ

  • お知らせトピックス
    オンラインイベント(国際ウェビナー)のお知らせ-本イベントは終了しました。

    オンラインイベント(国際ウェビナー)のお知らせ-本イベントは終了しました。

    10月27日(火)、日本時間午後5時から8時にUNEPとILECによるオンラインイベント(国際ウェビナー)「Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda」が開催されます。 ILECは、UNEPの支援を受け、「湖沼などの静水を世界の水をめぐる取組の主要な課題と位置づける必要性」についての声明草案を作成しています。今回のウェビナーでは、そのフォロー

助成金による活動報告

平成30年度に助成をいただきました企業・団体様のご紹介

  • (独)環境再生保全機構(地球環境基金)より助成いただき、現地での「アフリカにおける統合的湖沼流域管理(ILBM)拡大事業」を実施しました。
  •  国立研究開発法人科学技術振興機構より助成いただき、「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」を実施しました。
  • メルマガ購読者募集

    ILECでは、世界湖沼会議・世界湖沼ビジョンなどのプロジェクトの状況や環境についての最新ニュースをメールマガジン(無料)にて配信しています。

    あなたも世界の湖沼保全に貢献しませんか。

    サポーター募集(寄付・賛助会員のご案内)

    公益財団法人 国際湖沼環境委員会( ILEC :アイレック )は、1986年の設立以来、国連環境計画(UNEP)をはじめとする国内外の関係機関と連携し、世界の湖沼環境保全を目指した調査、研究、および世界湖沼会議の開催など国際協力活動を行っております。 こうした活動へのご理解をいただき、ご支援を賜りたく、当財団ではサポーター(寄付のご協力、および賛助会員へのご入会)を募集しております。 寄付のご協力または賛助会員へのご入会(2口以上)をいただきました企業・団体様につき、ご希望の場合には当財団サイトおよびニュースレターへのロゴの掲載を行わせていただきます。

    多くの企業・団体様に支援をいただいております。

    • 関西みらい銀行
    • 一般社団法人海外環境協力センター(日本語)
    • 株式会社セディナ
    • 湖東信用金庫
    • 長浜信用金庫
    • 滋賀中央信用金庫
    • 近畿労働金庫
    • 株式会社日吉
    • 株式会社堀場アドバンスドテクノ