世界の水議論における湖沼問題の主流化

Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda

地球上の水の1%は液体の淡水です。液体の淡水の大部分は、湖沼などの静水(停滞して存在している水)に含まれています。湖沼は上下流、沿岸域などあらゆる方向から、また流域の経済活動からストレスを受けます。しかし、世界の水をめぐる主要な議論の中には湖沼などの静水システムを包括的に管理する枠組みが決定的に欠けており、湖沼のシステムがもつ特徴について十分な配慮がなされていません。

 湖沼から得られる多くのサービスを持続可能な方法で利用するためには、科学、政策、ビジネスの各分野が連携して取組む必要があります。ILECとUNEPは、主要国連機関、国や地方団体、NGO、科学機関、産業界、その他様々な利害関係者と協力し、湖沼などの静水システムが地球規模の環境政策の枠組みの中で主要課題であるという認識が浸透し主流となるよう呼びかけています。 

この取り組みは、第17回世界湖沼会議におけるコロキアム(意見交換会)に始まり、「世界の水議論における湖沼の主流化」に関する第1回ILEC-UNEP国際ウェビナーや、「世界の水議論およびSDGsにおける湖沼および湿地の主流化」に関するUNEP-ILEC特別セッションなど、一連の活動につながっています。

「世界の水問題における湖沼の主流化」声明文はこちらからご覧になれます。

「持続可能な湖沼管理」決議案

第5回国連環境総会(UNEA5.2 ケニア・ナイロビ / 2022年3月)において採択された「持続可能な湖沼管理に関する決議案」を公開します。

関連記事は こちら

原文/英語

日本語訳

第3回UNEP-ILEC国際ウェビナー

2022年5月18日に「第4回アジア・太平洋水サミット」(4th APWS)の関連イベントとして開催された国際ウェビナー「持続可能な湖沼流域管理に向けた今後の展望」 (Taking Major Step Toward Mainstreaming Lakes) の概要を公開します。

関連記事は こちら

UNEP-ILEC特別セッション

2021年11月10日に第18回世界湖沼会議(WLC18)において国連環境計画(UNEP)と共同で開催したUNEP-ILEC特別セッション「世界の水議論およびSDGsにおける湖沼および湿地の主流化」 (Mainstreaming Lakes and Wetlands in the Global Water Agenda and SDGs)の概要を公開します。

2020年10月27日に国連環境計画(UNEP)と共同で開催した国際ウェビナー「世界の水議論における湖沼の主流化」 (Mainstreaming Lakes in the Global Water Agenda)の概要を公開します。

国際ウェビナー資料

Speaker Country / Organization (Video) Presentation Material

Dr. Jian Liu,
Director, Science Division, The United Nations Environment Programme (UNEP)

UNEP ▶ Opening Remarks

Dr. Kazuhiko Takemoto,
President, International Lake Environment Committee Foundation (ILEC)

ILEC ▶

Opening Remarks

Dr. Walter Rast,
Chairman, Scientific Committee, International Lake Environment Committee Foundation (ILEC)

ILEC ▶

Mainstreaming Lakes in Global Water Agenda

Abstract_Dr. Walter Rast

Mr. Seiji Tsutsui,
Director, Water Environment Division, Ministry of Environment

Japan ▶

Water Environment Administration of Lakes in Japan

Abstract_Mr. Seiji Tsutsui

Ms. Laksmi Dhewanthi,
Senior Adviser to Minister of Environment and Forestry for Industry and International Trade

Indonesia ▶

Sustainable Lake Management in Indonesia

Abstract_Ms. Laksmi Dhewanthi

Ms. Amelita DJ. Ortiz,
Assistant Director, Representing Mr. Ricardo Calderon, Assistant Secretary, Biodiversity Management Bureau, Department of Environment and Natural Resources

The Philippines ▶

Lake Basin Management Initiatives in the Philippines

Abstract_Ms. Amelita DJ. Ortiz

Ms. Manju Pandey,
Joint Secretary, Forest and Climate Change Department, Ministry of Environment

India ▶

Wetland Conservation Program in India

Abstract_Ms. Manju Pandey

Dr. Zati Sharip,
Senior Researcher, National Hydraulic Research Institute of Malaysia (NAHRIM), Ministry of Environment and Water

Malaysia ▶

Integrated Lake Basin Management (ILBM) initiatives towards transforming the Malaysian Water Sector

Abstract_Dr. Zati Sharip

Ms. Prava Pandey,
Program Officer, Representing Mr. Raju Sapkota, Under Secretary, Ministry of Forests and Environment, and Executive Director of NLCDC

Nepal ▶

Overview of Integrated Lake Basin Management (ILBM) Approach for Sustainability of Lakes and Wetlands in Nepal

Abstract_Ms. Prava Pandey

Dr. Daniel O. Olago,
Professor, Institute for Climate Change and Adaptation (ICCA), University of Nairobi

Kenya ▶

The Status of Lake Basin Management in “Kenya and the Prospect for East African Collaboration on ILBM”

Abstract_Dr. Daniel Olago

Dr. Salif Diop,
Professor, University Cheikh Anta Diop, and Member of Academy of Sciences and Techniques of Senegal

Senegal ▶

Challenges for ILBM/Integrated Lake Basins Management implementation in West Africa

Abstract_Dr. Salif Diop

Dr. Masahisa Nakamura,
Executive Director and Vice President, International Lake Environment Committee Foundation (ILEC), and Professor of Shiga University

All members ▶ Discussion Part

第17回世界湖沼会議における国際コロキアム

P1020367

ILECは、平成30年10月14日、第17回世界湖沼会議のサイドイベントとして、国際機関や世界各国の政府機関等の参加を得て、「湖沼を世界の水議論の主要課題へ」をテーマに世界の水問題における湖沼の役割および重要性について考えるコロキアム(意見交換会)を開催しました。<関連記事>

そこでの議論内容について、引き続き科学委員および関係する国際機関等とで調整を行い、会議アウトプットの改訂版を次のPDFのとおり取りまとめましたので公表します。PDF [194KB]

皆様の積極的なご意見を info@ilec.or.jp までよろしくお願いいたします。