科学委員会

高松 正嗣
高松 正嗣

日本

世界銀行
防災専門官

世界銀行 南アジア地域 気候変動・災害リスク管理ユニット 災害リスク管理専門官。2000年に京都大学で学士号、2002年に修士号(いずれも環境工学)を取得。2006年、テキサス大学オースティン校(米国)で環境・水資源工学の博士号を取得。 

  専門は水理学・水文学(都市雨水・洪水管理、統合水資源管理など)。世界銀行に入行する以前は、米国の土木設計事務所で10年以上、水資源エンジニアとして勤務。ニューヨーク市の長期管理計画(LTCP)プロジェクトでは合流式下水道越流(CSO)のモデリングを、ボルチモア市の下水道同意協定プログラムでは下水道収集システムのモデリングと軽減計画に貢献するなど、様々なプロジェクトに携わる。米国メリーランド州の土木工学のプロフェッショナル・エンジニアの免許を持つ。 

  世界銀行では、タスクチームリーダーとして、南アジアにおける地質災害リスクに対する回復力の構築に関するGFDRR信託基金プログラムを管理し、ワークショップの開催、能力開発イベントの運営、地質災害に関する調査の管理などを行ってきた。また、南アジア地域、特にアフガニスタン、ブータン、ネパール、パキスタン、スリランカにおけるさまざまな洪水リスク管理および水文気象学のプロジェクトや調査を支援している。 

 

ウェブサイト: https://blogs.worldbank.org/team/masatsugu-takamatsu