びわっこ大使事業新着情報

平成30年度ラムサールびわっこ大使事業 第17回世界湖沼会議学生会議(いばらき霞ヶ浦2018)学生会議への参加

平成30年10月13日(土)、びわっこ大使たちは、第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)学生会議での発表に向けて茨城県へ出発し、学生会議で発表する団体を対象に開催されるエクスカーションに参加しました。
土浦港よりジェットホイール(観光船)に乗って、霞ヶ浦伝統の帆引き船による漁を見学した後、翌日の発表の舞台となる「つくば国際会議場」で交流会が開かれました。
交流会のクイズ大会でびわっこ大使たちは、地元の子どもたちに負けず劣らず正解し、大いに盛り上がりました。

 


10月14日(日)、ついに大舞台の本番を迎えました。
びわっこ大使は、8名全員が発表を行う「口頭発表」、そして所属団体の意見をまとめ、3名の代表が発表・討議を行う「ディスカッション発表」に登壇し、滋賀県の学生代表として、滋賀県・琵琶湖の良さ、および問題点や改善策を全国の学生に伝える大役を見事に務め上げました。

 


10月15日(月)、第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)が開幕し、びわっこ大使も開会式に参加しました。
同日は、滋賀県知事の三日月大造氏、滋賀県議会議長の川島隆二氏、県議会議員の駒井千代氏との対談が実現し、今までの活動や、学生会議参加の感想、今後のビジョンについて一人ひとりお話を交わしました。
この経験は、大使たちがこれから環境学習を続けていく上で大きな励みになることでしょう。