国際湖沼流域管理推進事業

TWAP西アフリカ専門家会議を開催(ガーナ)

ILECは、平成26年6月16~17日の2日間、ガーナ・アクラの科学・産業研究機構-水資源研究所(CSIR-WRI)において、同研究所および国連環境計画(UNEP)と共に、TWAP西アフリカ専門家会議を開催し、翌18日には現地のウェイジャ貯水池やボルタ川河口域を視察しました。また、同19~20日にはGEF-TWAPプロジェクトの湖沼分野の評価責任機関としてUNEPが同研究所で主催した「ボルタ湖・河川流域の詳細評価に関するワークショップ」にも参加しました。今回の二つの会議は、西アフリカにおける湖沼の現況について情報を得るとともに現地の専門家と意見を交換する貴重な機会となりました。